医療施設向けシールド

■鉛を全く使わないX線遮蔽ボード「スキュータムボード」

医療施設における診療用X線撮影室の防護剤としては、
鉛を石膏ボードに裏貼りした鉛ボードが一般的ですが、
鉛は人体に有害であり、環境負荷も大きいため、
それに代わる遮蔽材料として開発されたのが「スキュータムボード」です。
シールディングのパイオニアである技研興業株式会社の自信作であり、
50余年間の遮蔽技術のノウハウが蓄積されています。

<特長>
  • 硫酸バリウムを主たる遮蔽剤として使用しており、鉛を全く使用していない、人と環境にやさしい素材です。
  • 石膏ボード製品と同様に、リサイクル可能です。
  • 2枚積層すれば鉛当量2mm以上(X線 100kV)の性能となり、ほとんどのX線撮影室に対応可能です。
  • ガンマ線に対しても遮蔽効果があります。
  • 不燃材料として認定取得済み(不燃材料認定番号:NM-3242)。
  • 高重量素材なので、遮音性能も優れています。
  • 柔剛性や粘り強さがあるため折れにくく、施工性に優れています。
<スキュータムボードの用途>

一般撮影室・X線TV室・血管造影室・骨密度測定室・マンモ撮影室・結石破砕室
CT室・歯科X線室・OP室

<お問い合わせ>

株式会社アゼモトメディカル 営業部
Mail: sales@azemoto.co.jp